DIY ethic

GELCHOPのブログです。
D.I.Y. Ex (Paint Spray)
 
スプレーコーナーです。





            





    
         018 : Spray-Bend 

                            



   


                            019 : Spray-melt
 
                            





                            
                            020 : Spray-Burst

                            






                            021 : Spray-Crush

                            





 
                            022 : Spray-Worm

                            
   
   
 



                            023 : Spray-Faucet

                            



  


                            024 : Spray-Wood
  
                            


       

 

                            025 : Spray-Urethane

                            




缶スプレーシリーズ、他にもたくさんのアイデアが出ていましたが、取り合えず今回はこんな感じで。折れ曲がったり、潰れたり、膨張したりは、もちろんそれっぽく作ってあります。そんなに体裁よく曲がったり、潰れたりしてくれませんから。
ところで、何処へでもいって、誰にでも簡単に塗装できるこの缶スプレーって、凄い発明だと思いませんか。ぼくらときたら、使えないものばかり真剣につくっていて、、いやいや、こんな事をしているなかで、世界を震撼させる凄い発明が生まれてくるのだと私は信じております。ハイ。





photo by Hidetomo Abe


| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Cleaning tool 2)

お掃除コーナー、パ〜ト2! 
 

         009 : Sucker Hanger 

                           

こちら、トイレの後ろのほうでホコリ被ってるアレです。正式名称が?。ただ壁に吸い付いている?そんなものをわざわざ展示いたしません。ひと手間加えて、5kg程度の荷重なら、びくともしなくなっております。タオルでもジャケットでも掛けちゃって下さい。




                           010 : Wig Mop

                           

ウィックのモップ、、、。

 




         011 : Dustpan & Vacuum Cleaner

            

写真では、わかりづらいかもしれませんが、掃除機のホースの先には大きなちり取りを装着、ホウキもついています。ひと手間かけたお掃除がお好みの方にはピッタリです。





          012 : Brand Duster

                               

最近のご家庭では見かけなくなりましたね、こちらハタキです。ですが、こちらのハタキ、どこか品格をお感じになりませんでしょうか。フランスは、エルメ〇社のシルクのスカーフを使用。華麗で優美なお掃除になる事、間違いなしです。




           013 : Drill Duster

                               

こちらも、最近見かけなくなりましたが、70's の車のトランクには必ず入ってました、羽バタキ。どこか民族的な神事の道具のような風情。手動ドリルと一体化することで、また新たな命が吹き込まれ、高速回転する様は、どこかエロスさえ感じます。



                        
         014 : Overflow Bucket

                           

液もれしないようにと制作した、液だれを施したバケツキャップ。





             015 : Double Brush 

            

植木鉢などの筒形状専用のたわし。一度にふたつ洗えるように、2本をジョイントしグリップもつけときました。せっかちな方向け!鉢のセッティングが要!




         016 : Good Box

                           

GELCHOPのオリジナルプロダクト。ゴミ箱、プランターとしても使用可能。使い方いろいろです。




          017 : Broom Saw    

                            

一件、普通のホウキのようですが、ブラシ部分にキラリと光るのは、鋸歯。何か、静かなる恐怖を感じる一品。





photo by Hidetomo Abe


| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Cleaning tool 1)

さ〜てと、まずは、お掃除コーナー。


   






                            
          001 : Broom&Dustpan   
                  
                             

こちらが、制作第一号。DIYの本場、米国<HomeDepot>で購入の特大洋物ちり取りと、束ね糸の配色がかわいい民芸調.和ボウキのバランスが絶妙。使い方は、、、考えて下さい。



        002 : Big or Small 

                         

L[Only a small person . or,confident person]    R [Only a big person]   
男子限定となりますが、どこでも簡単にご使用になれます。

             

        003 : Brush Rubber Boots

                         

見ての通り、タワシ付き長靴です。寒い冬のお風呂場のお掃除など、屈んでの作業大変ですよね。こちら、腰を曲げずに踊るようにお掃除可能。床の汚れが気になるところでは、履いて過ごすだけで、常におそうじ。使い方色々です。



   
        004 : Anywhere Washbowl

                         

どこでも使用可能な、洗面台。こちらはシャベル用ハンドル付き。手の汚れている方、いますよね、やさしく差し出して下さい。手洗いもちょっとしたコミュ二ケーションに。
                   



         005 : Brush Rider

                           

幅広のデッキブラシ、もちろん広いところのお掃除用です。猛ダッシュでお掃除する時に、最適です。写真の制品は、BMX用のステムに草刈り機用軽量のアルミハンドルを使用しています。ハンドルは、お好みの角度に調整可能です。スピード競技、エクストリーム、フリーライド等、お好みの仕様にあわせてのカスタムも可能です。ドロップハンドル、チョッパーハンドル、エイプバー、サスペンション、univジョイント、、等々、スピード系からクルージング系までカスタム致します。雨の日は、”Broom Rider" を片手に街に出て、Scrub & Ride 如何でしょうか。




          006 : Bucket & Brush (Green)                        

                              



                          007 : Bucket & Brush (Yellow) 

                          

お掃除の必需品、バケツとブラシ。常に一緒に置いておきたいものです。、、、、、。




         008 : Super Lobster Joint Broom

         

こちらは、学生時代に使われた方も多いのではないでしょうか。通称、”自在ボウキ”。
もっと自在に!ということで、ロブスタージョイントを3個追加。俗称、”超自在ボウキ”
自在すぎてヘロヘロですが、ある角度を向かせると、一瞬シャキッとします。
持ち運びもコンパクトに、快適。



photo by Hidetomo Abe

| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Exhibition
         
これから何回かに分け、2009.10/29~11/29の期間、勝どきにあるギャラリースぺース
@btf にて、”伝説のゴッドハンド” カスタムペインターの倉科昌高氏との対バンで開催したExhibition、その名も”D.I.Y.”の模様を掲載したいと思います。

日々のモノづくりに必要不可欠な場所、”ホームセンター”で販売している、日曜品からプロツールまでを、倉科氏はペイントでカスタム、GELCHOPは形状をカスタム。リモデリングされたレディーメイドな品々を展示販売する、D.I.Y. Shop をオープンさせるというもの。

制作期間が約1カ月しか無いなか、工場には、買い物カート5台分のD.I.Y.グッズをずらっと並べ、メンバー3名が一日一点を目標に、”オチ”?を考え、かたちにしていく”大喜利”のような制作状況。日常的に目にする既製品を少しいじくる事で、チョットした違和感や苦笑を誘う道具を作るこの企画、やっと実現できた事もあり、いつも以上に鼻息も荒げ、おバカな道具づくりに夢中になっておりました。


てな事で、数回にわけて載せていきたいと思います。100点ぐらいありますので、気長におつき合いください。



まずは、DM。とあるホームセンターにて、材料調達をする様子を撮影した写真を使用。新しいホームセンターがオープンしたと勘違いして、会場に来られた近隣の方もいたとか。失礼しました。
    
       





会場風景。中央の派手なバケツ、ドクロがペイントされた禁煙灰皿、落ち葉の書かれたちりとり、ファイヤーパターンがペイントされた粋な?消化器、などなど、スプレーマン倉科さんの、これまた主張の強い作品と共に、大量に展示しました。

           




掃除道具のコーナー。

           




ハンマーコーナー。

             

          


農機具コーナー。

           

           
| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE