DIY ethic

GELCHOPのブログです。
"D.I.Y. DEPT" new item no.2
前回に続き、"D.I.Y. DEPT" のnew itemをご紹介。



   右 092:Container Wall (4 Wheels)
   左 093:Hanging Wall   (4 Wheels)

          

右: ホームセンターでみつけた様々な容器を取付けた移動可能な壁。上から、蓋を固定したガラス瓶、おなじみケチャップ.マスタード容器、オイルタンク、塗料容器、刷毛置き、バックスキン腰袋。前回制作したものを、モディファイ。

左 : 吊るす、ぶら下げる機能に着目してセレクトしたツールを配した移動可能な壁。移動式のワークステーションにもなるように、作業台(ドライバーホール、ソー.スリット、ホースハンガー、コードホール、付き)コードリールも装備。上から、自重で締まるハンガー(スキー、スケーボーを掛けるのに使用されているもの)、ガラスグリップ、プラ蛇口、クレーンフック、プラ鋲抜き。




         094:Brush Hanger (White)
                           095:Brush Hanger (Green) L&M
                           096:Broom Hanger  L&M

                           

         ハンガー?いろいろ。




         097:Pipewrench Hanger 

             

     heavy な metal の Hanger。パイプレンチとターンバックルのフックを利用。




          098:Minicrane Hook

              

クレーン車のミニカー(ISUZUエルフ.左ハンドル仕様)を、壁面取付け出来るようにに改造したフック。




          099:D.I.Y. Paper Ruck

                            


                        

水に強い厚手の紙袋に、収穫籠によく使っている背負い紐を装着。GELCHOP初の”地球にやさしい.......”?アイテム。




オリジナルプロダクトも展示しています。



                         100:D.I.Y.  FOOTSTOOL



     




                                   101:FAKEWOOD WORK DESK



                                102:FAKEWOOD SAW HORSE BENCH



これから、"D.I.Y. DEPT" は常設展示となりますが、このままを維持していく展示ではありません。倉科さん、GELCHOPのD.I.Y.な活動の拠点として、新作の発表はもちろん、新たな展開も加えながら、変化を続ける展示にしていこうと考えています。時折足を運んで頂けますと嬉しいです。


| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
"DIY DEPT" new item

先週9日、@btf に常設展示となった "D.I.Y. DEPT" のお披露目会も大盛況でした。お越し頂きました皆様ありがとうございました。

数点、新作も追加しましたので、早速大公開!



          090:Flashlight Lamp 

                        



                         


災害用に一家に一台な感じの、スタンダードな懐中電灯をランプシェードに見立てた照明。電源を電池からコンセントに切り替え、豆電球もLEDに変更、出力も大幅アップ。ただし、災害時、停電の際は役に立ちませんので、ご了承ください。




         091:Work Light Chandelier 
 
            


工事現場でおなじみの ”真っ赤な投光器” を8灯もつけた贅沢な照明!!。通常の投光器の電球ですと、1灯で200W、明るすぎで熱も持ちますし消費電力も恐ろしい。こちら、屋内省エネ使用で消費電力わずか5Wの冷陰極スパイラル球に変更。オオカミの皮を被った羊?



次回につづく、、、


| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/9 "D.I.Y. DEPT" OPEN

木々もすっかり丸裸、寒くなってきた今日12/8は、ジョンレ.ノンの命日。享年40歳。40年間の密度を、つい自分と比較してしまいつつ、明日、12/9は、勝どきの@btf にて"D.I.Y. DEPT"のお披露目会となります。今日は、新作数点を取付けたりで現場作業でした。倉科氏と、GELCHOPのカスタムされたホームセンター。是非この機会に会場へお越し下さい。お待ちしています。


           


            


"チ−ムラボ"『浮遊する楽器』、"D.I.Y. DEPT"
 合同オープニングパーティー

12/9(木)19:00〜21:00
 
@btf

東京都中央区勝どき2-8-19 近富ビル倉庫3F-3A
tel/03-5144-0330

都営大江戸線<勝どき駅>A2出口より徒歩3分

http://www.shopbtf.com/map/index.html                                  



| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex まだあった。
  


                         084 : Drop Frame 01

                          






                         085 : Drop Frame  02

           

とろけた額縁に"DANGER""CAUTION"テープを額装。このテープを見るだけで気分が高揚するのは、私だけでしょうか?




                          086 : Book Frame
 
           

本物の本から型を起こして制作したFake Bookを改造して作った、本の額縁。
CustomのカスタムのKustom...?...?...?。
  



                      087 : Wood Hammer

                       

ハンマーコーナーの忘れ物発見。とても叩きずらいウッドハンマー。





                       088 : Log Bench

            






                           089 : Born Tower 

                           

骨タワー。1個でスツール、重ねるとハンガーフックに。芯にパイプが入っていて、1ピースごとに回転します。芯材を高強度に変更すれば、遊具にだって...!







           


以上で、D.I.Y. Exhibitionの全作品公開終了!ですが、実は、"shop btf " にD.I.Y. Ex 常設コーナーを作る企画が進行中です。早ければ、夏の終わりにはオープンするかも.....。倉科さんともアレやコレやと企んでます。画像で見て頂いたものに加え、新作も随時持ち込む予定。乞うご期待!制作の様子も合わせブログにあげていこうと思います。青木さんはじめスタッフの皆さんには、ほんと頭が上がりません、いつもありがとうございます。


そして、これからも、D.I.Y.な生活がつづく.......。






photo by Hidetomo Abe




| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Garden tool 2)


ガーデニングコーナー続き。


    
            070 : Wheel Ballow
       
    

GELCHOPオリジナルプロダクト。日本の工事現場では”ねこ”と言われています。
実はこのプロダクト、日本で定番的に使われている形状のものから、バケット部分の型をおこしてあります。タイヤも定番ものと同様のチューブタイヤです。シンプルに見えて、かなり色々なスタディーを重ねて生まれた一品。カスタムの極意。




            071 : Wheel Planter
            072 : Placard (We should.....)

    

”動く畑”のコンセプトのもと、制作された一品。固定されていない土壌なので、置き場所さえあれば何処ででも農作可能。日照条件が悪くても日当りを求めて移動可能。屋上やコインパーキング、建築現場の片隅に、何処へでも移動しながら、野菜が育てられてしまう優れものです。軽量化と土壌の保温性も考え、ウレタンホームを芯材にして制作されています。サイドポケットには、シャベル、ウォーターポンプ等の道具類も収納可能。設置場所募集中です。




            073 : Container (white)

    

オリジナルプロダクト。100Lの大容量。

           

            074 : Container (olive)
            075 : Placard (Hard-core.....)
            076 : Organic Gnomus
            077 : Gray Mashroom

    

真ん中に鎮座する"Organic Gnomus" 。写真ではわかりずらいかもしれませんが、ズボンをおろし、用を足しております。夜な夜な畑に出向き、肥やしを与えてくれる妖精?をイメージ。コンポストとしてのプロダクト化を検討中。



            078 : Planter 

    

直に植栽してもよし、鉢物を入れてもよし(10号鉢が入ります)。農具入れとしてもよし。



                              079 : Melt Planter

          

とろけた植木鉢。




                              080 : Cabbage Planter 

          

キャベツのプランター。本物のキャベツから型をおこしてあります。



  
                             081 : Farmers Light

          

農機具の照明。ブリキバケツ、シャベル、そして水まき用ホースに電気コードをbuilt in、ノズル部分に電球を仕込んであります。美しい一品に仕上がりました。




            082 : Talking Stone

    

”.....ところで、ぼくが転がっているのを見た事はあるのかい”と語りかける石、"Talking Stone" 。Rockな石?お庭に如何ですか。




            083 : Farm Planter




photo by Hidetomo Abe


| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Garden tool 1)
 

お次は、ガーデニングコーナー。



    

手前ブタは、倉科さん作品 "Fire Pig" 。銀ブタにピンクの炎ですか。思いもつかない組み合わせ、さすがです。




          063 : Furniture Style Shovel

          

カントリー調のテーブルの脚をあしらった、家具調シャベル。




          064 : Shovel Rider

          
 
畑で、土に刺さってジャンプして遊ぶもよし、ガツガツと掘りまくるもよし。プロテクターとヘルメット装着で、気分を盛り上げ使用して頂きたい一品。





          065 : Hand Shovel    

          

そもそも、こう言う事ですよね。




          066 : Shovel & Spade

          

ほとんど武器です。




          067 : Lazy Shovel  #01

          




                              067 : Lazy Shovel #02

          




                              068 : Lazy Shovel #03

          

GELCHOPオリジナルプロダクト。グリップ部分には、[Development for the Future]
の刻印があります。




          069 : Sunday Farmer

          

日曜にゴルフ、ではなく畑を耕す皆様に、ゴルフクラブの変りに農具を入れたゴルフバッグを。これを担いで電車で畑、如何ですか。ボール入れには、種と軍手が収納してあります。




photo by Hidetomo Abe


 



| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Hammmer)
 
ハンマーコーナーです。



          





                              054 : Primitive hammer 

          

ハンマーの原形?



                               055: Goo Hammer

           

ハンマーのもっと原形?




                            055 : Drop Hammer 1 

                            




                               056 : Drop Hammer 2

                               

とろけた、、、シリーズ。




                           057 : Perverse Fellow Hammer

                           





                                058 : Deer Horn Hammer

                                






                                059 : Hammer Saw

                                





                              090 : Ax & Hammer

                              






                                 061 : Iron PikoPiko Hammer                              

                                 

おなじみのピコピコハンマーのジャバラ部分を鋳物にしました。間違ってもあたまを叩かないように。割れます。




                              062 : Pig Bank Hammer

                              

こちらもおなじみ、ブタの貯金箱。 のハンマーです。






photo by Hidetomo Abe


                           
| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Various Tools)
 
道具、材料コーナー2です。




                               042 : D.I.Y. Tool Box
                           
            


                             
GELCHOPオリジナルのTool Box。スタッキング可能。サイドの切り込みは、金尺、バールのような長ものを、入れたままスタッキング出来るように考えられたもの。            





                            043 : Pick Hanger

                            

かの変人と、同じ時代に生きていたなら、一体どのように解釈していたのか。ただのひねくれオヤジと捉えたのか、時代を切裂く表現者として崇拝したのか、、、。取り合えずこちらは、コートハンガーにでも。

               


                          044 : No Waste Brick

                          

作業中にでる残材を、ブロックの型に注いで作っている“No Waste Brick"。




                             045 : Fake Wood Board  (D.I.Y.)

                             

GELCHOPオリジナルの"Material series" Fake Wood Bord 。2種類のパターンがあり、2種類で永遠に木目がつなげられるようにしてあります。文字の加工、サイズの加工も可能。


 


                              046 : Fake Wood Saw Horse Bench

            

Fake Wood Bord で作った角材、"Fake Wood Timber"を使ったベンチ。Saw House (日本では通称”うま”)のイメージ。




                             047 : Ax Sidetable

                             

よく使うFake Axを、3本組み合わせて作った、サイドテーブル。3本の交差するポイントを外からは見えない接続金具を作って組み上げてあります。



                
                              048 : Lodge Light

           

Fake Axシリーズのシャンデリア。真下にいるとちょっとした拷問道具のよう。ワイルドライフな山小屋の照明をイメージ。




                             049 : Woodcuter

                             

GELCHOPオリジナルプロダクツ。"Woodcuter"(きこり)。山小屋の玄関先に置いといて、帽子やジャケットを引っ掛けて置くイメージです。




                             050 : Wall Ax Hanger

                             

壁に突き刺さったAxには、カバンなどを引っ掛けてみては。ネジ2本で壁から脱着可能。





                           051 : Reel & Planter Light

                            

コードリールと、プランターを組み合わせた照明。




                               052 : Saw Horse 1

                               




                                053 : Saw Horse 2

                                

D.I.Y.ではおなじみのレットシダーの角材を、角パイプで作った金具でジョイント。様々なジョイントが出来るように、金具の種類を検討中。今回制作したものは、作業テーブルの脚として使用する”Saw Horse”のイメージです。





photo by Hidetomo Abe



 


 
| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Various Tools)
 
道具、材料、保護具のコーナーです。

 


          032 : Teeth Clamp
       
          

こちらは、モノを挟み込む道具、仮固定する時などに非常に重宝します。作業中には、第三の手として、よく口を使ったりしますが、まさにこのクランプの役目。かたわらで、ぎゅーとモノを噛み締めていてくれる姿は、ありがとうと声を掛けたくなるぐらいです。




                              033 : Drill Darts

            

金工用のドリル刃って1/10mm単位で刻まれています。青い物体は、それを並べて置く台です。0.1mmの差異でピタッとはまる、ドリル刃と穴の関係、非常に気持ちいいです。と言う訳で、ドリル刃にダーツの羽をつけました。ピタリとあう寸法の穴に、ズボッとぶち込むダーツ。難易度高いです。




                              034 : Wrench Hamger x 2

          

ギヤをはじくカリカリ音がたまらない、ラチェットレンチ。車、バイク、自転車いじる方には必需品ですね。ラチェットの機構を存分に生かした、ハンガーフックです。壁にペタット納めてみたり、自由に角度の設定も可能。単純に見えますが、取り付け軸部分、結構気を使ってあります。通好みな一品ではないでしょうか。





                              035 : Wrench Hanger x 5

          

モンキーレンチ、パイプレンチ、プライヤー等、5種のレンチを、芯材のフルスレットに通した、ロングナットに固定してあります。コートハンガー等に最適です。トップはシャベルグリップ。帽子掛けにどうぞ。脚部は、もちろん安全第一、緑十字のイメージでクロス形状です。





                              036 : Finger Pillers

                              

今回、色々な道具をいじくりまわしながら再確認した事があります。道具の機能は手や指の機能を細分化し、より増強したモノである事。当たり前か、、。






                              037 : Saw Rider
         
            

最近は、ほぼ電動工具で何でも済ませてしまいます。たまに使う大型の鋸、あっという間に二の腕あたりが張ってきます。これは、エクササイズに使えるぞ、と言う事で、BMXのハンドルをつけて、よりスポーティーなツールにしてみました。丸太カットレース目指して、鍛えてみたい方、是非。




           
                              038 : Brush Headphone

          


防音用ヘッドホーンに、たわし。



                              

                              038 : Bump Helmet
                       
          

とかく厳しい工事現場。ピリピリした現場の空気が、少しでも和むように開発致しました。しかし、このヘルメットを被っていると、監督に叱られて、こぶが増えそうですので注意して下さい。JIS規格認定されたものに、細工してありますので、安全上は問題ないと思いますが、、、




                              

                              039 : Viking Helmet

          

こちらは、組長さんや親方など、若い衆を束ねる方に、かぶって頂きたい。





                              040 : Construction Light

          

あまりに自然な出で立ちに、『なにか?』と言われる方もいたとかいなかったとか。工事現場でよく見かける三角コーンの上に、警備員さんが持ってる誘導棒、防音+防塵ガードの付いたヘルメット、絶妙なコンビネーション。LEDの赤い点滅と、ヘルメット内部に取り付けた電球が、恍惚の世界へといざないます。



                             
                             041 : Extention Cord 

                             

直立しているのは、延長コードのプラグです。自立出来るように支援してあります。なかなかの優れものだと思うんですけど。





Photo by Hidetomo Abe







| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
D.I.Y. Ex (Paint tool)
 

ペイントローラー、刷毛のコーナー。



          






          026 : Sideway Roll Roller

          






                              027 : Lengthway Roll Roller

                              
       






                              028 : Paint Brash Roller

          

 
 

 


                              029 : Rock Roller             

                              






                              
                              030 : Rollerくん
    
          




          


          031 : Paint Brsah

          





Photo by Hidetomo Abe


| D.I.Y. DEPT | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE